函館


函館観光案内
函館ファンの為のプロフェショナルバージョン
函館観光案内
現場主義・リアリテイ追求・観光客の立場にたったサイト【WEB函館】 ハズしたらゴメン!!
趣味ではじめたサイト「WEB函館」が贈る函館グルメ・函館の観光,函館朝市など函館市場系情報サイト
 


6月2日 函館の真イカの初競を見に行きました!


「見学させてください!」

「見学者バッチをゲット!」

市場見学は、まず最初に入り口の警備の方に「見学させてください!」と申し出ます。

そして、「参観者」のバッチをゲットして入場します。


「参観者」のバッチは、イカのマスコットだと期待したんですが、普通のバッチでした。

セリの会場に向かいます。入り口からまっすぐ海の方へ。

セリ会場についたんですが、...
雰囲気についていけず遠くから....。

「どうしましょう??」




5 時30分 「ただ今、イカセリが行われています!」
ぜんぜん見えないです!頭しか見えないです。
さすが、初セリです。

今年は約470キロが競りに掛けられました。
1キロ当たり1450円や1700円で競り落とされました。昨年は1キロ当たり2千円。


リアリテイ追求サイトなんで、うそっぽいことは、書きたくないので真実「頭しか見えなかった!」って正直に書いています。セリ落とされたイカが運ばれるときに「ちょっとイカが見えました程度」でした。

セリに掛けられるイカが多い時は、よく見えます。今回は、イカの量が少なすぎました。


頭しか見えないセリの中から知った顔が出てきました。WEB函館の管理人ZUKAのイカの師匠 川村さん。
「こんにちは!イカを競り落としました???」「高くて、手が出ないよ」

それで、案内をお願いしました!ラッキーですV(~o~)V

株式会社 カネフト川村鮮魚店の店長 川村さん
クローバーとも取引があります。

セリが行われている場所とは別にイカがある!
そして、周りには、人がいない。なぜ??
「これは、活イカじゃなくて朝イカ。」



このイカは、船のイケスに入りきらなかったイカです。十分、鮮度が良さそうにみえますが、...

川村さんのお知り合いのイカ釣り船を見学。「お〜!はじめてイカ釣り船にのった!!感動!!」
注意) 市場に船が接岸されていますが、勝手に入ってはいけません。

「落ちたら海だ!(たかが幅80cmくらいです)」

獲れたイカの作業台


これがイケス。ここで活きたままイカが運ばれてくる。
はじめて、見ました!

イカ釣りの針

やあ、楽しかったです!ありがとうございます!



中の建物には、黄色いバットが並んでいます。そこには、生きた魚が入っています。 「これが、函館の近海で獲れるんですか?」 などいろいろ質問。


市場内には、仲買人のお店が並んでいます。

川村鮮魚店のイカ刺しです!透き通るような薄さが最高!







 



セリの前にイカをチェックして、目当てのイカを競落とします。

イカのセリは、下げセリと言われ、値段を下げていきます。どこで値段を入れるか周りとの微妙な駆け引きがあります。

下げ競りは、セルと言うより、どこで値段が入るかみたいです。

セリの場所で黄色いバットに入っているのが、イケスイカです。

函館では、セリ場のすぐ側でイカが水揚げされ、すぐにセリにかけられます。


去年の7月のイカ。6月のイカよりサイズが大きい。




 



個人的な趣味ではじめたサイトです!

リアリティ追求サイト!経験に基づいた私にとっての「真実」です。
皆様にその真実が合うかは、別です。



当サイトのバナーです。もちろん、、リンクフリーです。
どうぞよろしくお願い致します。

 

Copyright (C) 2008 WEB函館. All Rights Reserved.