函館


函館観光案内
函館ファンの為のプロフェショナルバージョン
函館の市場系サイト
「カニ、発砲スチロールに2特とか、3特、4特とか書かれていますが・・」
 


カニのランクの表記

函館の人

卸売市場を通してカニを仕入れると箱の横に「2特」とか「特 特 特」、「4特」なんて書いてあります。

カニの「身の詰まりのレベル」をあらわす表記です。

市場歩いていると「特」がいっぱいついているから、このカニが高品質をうたっているお店もあるけど、「特」で身の詰まりを表記した時点でそのカニがだいたいどんな流れのカニなのか、わかってしまいます。



特、特、特と『特』が何個つこうが、
『特』の付くカニは、市場買い付けのカニで、レベルの低いカニです。

「特」のつくカニは、『鮮度』がたいしたことないカニです。

「特」と美味しさは、まったく無関係です。

他にも、リスクがいっぱいあります。


てっとり早く言えば、プロのカニ屋同士の間で「これ、4特だから、いいカニだよ〜」なんて言えば、「こいつド素人か!!」って笑われます。

実際は「なんだ市場のカニか」って馬鹿にされるレベルのカニなんです。


*注意 :特大とか、特々大とか、大きさを表す表記じゃないですよ〜。念の為。


「特」が付いた時点で、それは量販向け。




「特」の付くカニって、市場を通して買い付けしたカニ、市場流通のカニなんです。
( 通称 「市場積みされたカニ」と言う。)

今時、本格的に味にこだわるカニ屋は、市場からカニを買い付けないって!!!



オレは、「特」ってついているだけで、パスかな〜!


通常、カニ問屋が浜の入札でカニを買い、カニ屋に卸すのが、今時のスタイルです。
味や鮮度にこだわるなら市場は通さないのが一般的です。





特の付くカニが最高級品、極上品でない理由は、



市場で何日も買い手が付かないとまずいから、日もちするように塩分が強めのケースが多々あります。



「凍傷にかかったカニ」や「死んでしまったカニ」でも、ゆでてしまえば、わかりませんから、身の詰まりさえ良ければ、3特、4特なんで、そんなやばいカニの処分には、いい場所です。(オレなら、自分の大切な直のお客さんにそんなカニは売れませんから、市場に卸す。)


会社名は、記載されているけど、どこのだれがゆでたかわからない、こだわりなんて不明のカニ。


市場に通すだけで数日は、経っているカニ。


いつゆでたか不明のカニ。(一応、賞味期限が書いているけど、誰も信じていない(笑)



まともなカニ屋なら、自社、もしくは、提携のカニ卸問屋で活きたカニを自分でゆであげるか、頼む
のが、普通。
どこぞの訳のわからないカニ屋のゆでたカニなんて、手を出さないのが普通です。
どんな職人がカニをゆでているかって、大事じゃないですか。だれがゆでているかわからね〜カニなんて

市場仕入れだと毎回、カニを仕入れる度にカニをゆでた業者が違うことになる。そんなカニを仕入れるカニ屋にこだわりなんてあるわけないでしょう。



ちなみに、ぜんぜん買い手がつかず、何日もたって売れず、賞味期限が迫って投売りされた超激安のカニを「市場回りのカニ」と言い、函館では、かなり大きなカニでも500円とか、800円で売られています。

そのカニの入っている箱を見ると「4特」とか、「2特」、「特 特 特」とか書かれています。



ちなみに、そんなカニを冷凍すれば、賞味期限がさらに一ヶ月以上伸びるので、それを4,000円、5,000円で売れば、大儲けです。素人でも商売できます。(そんなリスクもあるから冷凍のカニって、オレは好きじゃない。)



函館朝市やはこだて自由市場、中島れんばい市場なんか歩いていて、「特」の文字が書かれた箱のカニを売っているお店は、極上品や最高級品とは、呼べないカニです。


4特で並ですね。(特の数なんてあてにできないけどね。)







しかも、「特」なんて自社基準です。あほくさ。

以前、市場にカニを卸す問屋の現場で「箱に特をいくつ書く?4個ぐらいつけとくか〜」

「6個くらいつけてもいいんじゃね〜!わ、は、は、は、は〜!」

そんなレベルです。







経験上、市場からカニを買ったこともありますが、ヒットもあるけど、ハズレもある。

特がいくつ付いていようが、「特」なんて、ぜんぜんあてにならない。



特の数が4個だろうが、5個だろうが、何個であろうと関係ない、「特」が付いた時点でかなりレベル低いカニだと私は、思っています。

激安のカニ

市場を通しての毛蟹の仕入れは、4キロ単位なんです。

だから、よくネットで毛蟹が4キロ箱で売られているでしょう。
(10尾くらい入っているやつ)

あれは、右から左へ。

市場でカニを買って、そのままお客さんへってことです。

売主が、一尾、一尾、選別して箱詰めしたカニじゃないのは、まず間違いない。

4キロ単位で売られているカニは、ヒットもたまにあるけど、市場買い付けのそれなりのケースが多い。

 


【カニの話でテレビに出ました】
左右が俳優さんとモデルさんです。
真ん中がオレっす。

■■タラバ・アブラの見分け方■■

初心者向け甲羅で見分ける方法 函館朝市のカニ屋さんなんかでよく、トゲの数が4個とか6個とか・・・

中級者向けカニをひっくり返して見分ける方法 カニ足だけ買う人にも対応している現実的な見分け方で・・・

上級者向け 私の個人的な推奨 写真でいくつかのタラバ、アブラガニを見ていれば自然と・・・ 


■■かにのいろいろ■■

脱皮のカニ 脱皮には、2種類あって、脱皮前の2枚皮のカニ、脱皮後のスカスカの・・・ 

カニのランク 4特、3特  身の詰まりのランクを「特」で表しているカニは、


今まで食べたカニの中で一番美味しいカニ  美味しいカニを食べようと思ったら・・・

浜茹でカニ 浜ゆでのカニとは  知っているようで知らない・・・

 

 


ズワイガニ
函館のカニ

個人的な趣味ではじめたサイトです!

リアリティ追求サイト!経験に基づいた私にとっての「真実」です。
皆様にその真実が合うかは、別です。

函館


当サイトのバナーです。もちろん、、リンクフリーです。
どうぞよろしくお願い致します。

 

Copyright (C) 2008 WEB函館. All Rights Reserved.