函館


函館観光案内
函館ファンの為のプロフェショナルバージョン
函館の市場系サイト
「本当に美味しいカニを食べようと思ったら、急速冷凍のカニなんて選んじゃダメだよ!」
 

「今まで食べたカニの中で一番美味しい!!」と言う為のカニ選び


タラバガニ

●美味しいカニを食べるためのポイント@●



あなたがカニを買うために、いろいろとネットでショップでカニを探します。


その際に「急速冷凍」、「冷凍」、もしくは、発送が「冷凍発送」であれば、

それは、「味」より「保存」重視のカニ、カニ屋さんです。



たとえそのカニに『極上品』とか、『最高級』とか、『2週連続ランキング1位』なんて書いてあっても、実際に「味」に対するこだわりは、2の次のカニです。


なぜなら、カニは冷凍すると味が落ちるからです。

本当に味にこだわっているお店は、急速冷凍のカニを最高級とか、極上とは言わないでしょう。



実際の急速冷凍のカニの姿。ショッピングサイトでは、まずこんな写真を使わない。


冷凍するにあたり、毛蟹は、まだ味落ちが少ないですが、タラバガニやアブラガニ、身の入りの悪いカニは、味落ちがはっきりとわかるレベルです。


しかも、そのカニは、あなたの注文に合わせてゆでたカニではありません。

よくて1ヶ月以内、下手をしたら3ヶ月、半年以上前にゆでられて、すでに冷凍保存されているカニの可能性が高いです。 (冷凍のカニが美味しく食べれる期限は、一ヶ月以内。)

カニの選び方

冷凍すると言うことは、塩にこだわろうが、産地にこだわろうが、ランキング1位であろうが、所詮、「味」には、こだわっていないのは明白です。


*ただし、普段、ゆでたてのカニを発送するお店でも、近年の年末は、カニが少ないので年末だけ冷凍に切り替えるお店が多いです。







●本当は、わからない人が多い


わかっているようで、本当は、ぜんぜんわかってない。


たとえば、
「鮮度」ってなんだろう?

たとえば、「浜ゆで」ってなんだろう?



ちゃんと答えられるは、まずいないと思う?

心配しなくてもいい、プロだって答えられない人もたくさんいる。






鮮度といっても「新鮮なカニをゆでる」くらいしか頭に思い浮かばないんじゃないかな?


鮮度とは、『活きたカニかどうか』、『獲れてからゆでるまでの時間』、『ゆでてからのお口に入るまでの時間』、『保管・発送の状態(冷蔵か冷凍か)』の
4つが重要です。


鮮度は、上記4つをすべてクリアして、極上品、最高級品と呼ばれるはずですが、実際は・・・・

自分の都合の良い鮮度にしか触れていないカニ屋さんが多いです。



例えば、ネットでは、3カ月前にゆでた古いカニでも、獲れたてのカニをゆでれば、キャッチコピーは「獲れたてのカニをゆでました!!」になります。(ちなみに産地が、わかればそのカニがいつゆでたカニがだいたいわかります。)


店頭では、市場の店頭の水槽に2週間近く活きている古いカニでも、売り子は「活きているカニをゆであげるよ!」になります。


よく聞く「急速冷凍してカニの美味しさをギュッと閉じ込めました」系のキャッチコピーを翻訳すれば、実際は「冷凍して味落ちさせました」です。





でも、すべてをちゃんとクリアしているカニ屋さんもちゃんとあります。


「今まで食べたカニの中で一番美味しい!!!」

函館朝市のおすすめ店
カニをゆでる際にゴムバンドをかけます。カニが釜の中で暴れて、足が取れたり、折れたりするからです。
でも、獲れたてのカニは、元気が良すぎてバンドかけるのも一苦労です。




浜ゆでとは浜茹でとは




「浜ゆで」、 獲れたのカニをすぐに漁師さんが浜でゆでた・・・・とっても美味しそうな感じがしますね。


錯覚です。


浜ゆでとは、漁獲されて水揚げされた地元で、新鮮なうちに茹で上げたカニを「浜ゆで」と言うケースが多いですが、現実的な使われ方を見ると厳密な定義はないです。


カニの獲れている地元じゃない場所でゆでても、「浜ゆで」として売られています。
しかも、カニが獲れた街でゆでるから美味しいと考えるのは、ナンセンスです。


別に獲れたてのカニなら、学校でゆでようが、隣町の山でゆでようが、味にはぜんぜん関係ない。




しかも、 今は、道内ならどこでも8時間以内でカニ運ばれてくるので時間差なんてぜんぜんない。

カニが獲れている街だからの
優位性は、ほとんどないです。


例えば、森、砂原で獲れた噴火湾産のカニは、水揚げされて1時間以内で函館に到着します。
虎杖浜や広尾でも、4時間かからないでしょう。

獲れたてのカニ
これが、カニの流通スタイル。

カニの流通
こんな箱に入ってカニがきます。
「船上沖詰め」
広尾沖は、12月が旬のカニ。

船上で沖詰め、そして、入札後にすぐに函館に運ばれてくる。

沖詰めですよ。だから、水揚げされた浜の優位性なんてほとんどないのが現状。
カニの本場なんてナンセンスだと私は思います。



カニの本場は、漁期以外は、すべて冷凍したカニになります。
漁期が1,2ヶ月だとすると、残り10ヶ月は、すべて冷凍のカニってことになります。
 



函館なら、漁期に合わせて、その時、その時に旬な漁場のカニ入ってきます。

これこそ 最高でしょう!!

しかも、函館ならクール航空便が使えるから、日本全国どこでも発送の翌日に届きます。

発送にちんたらと2日も、3日かけたら新鮮なカニの意味がない。



私の認識する「浜ゆで」って、単なる『冷凍品』の代名詞です。
(冷凍品でないケースも稀にある)


浜ゆででも、究極の美味しいカニもあるけど、「浜ゆで」って言葉が乱れて使われているので


私は、「浜茹で」が美味しさにも、鮮度にも、関係ないあほくさい言葉だと思っています。
むしろ、「朝ゆで」とか「ゆでたて発送」の方が、はるかに好感が持てます。




■おいしいカニを食べて欲しい

かなり函館びいきな私の持論です。

別にこれが絶対正しいなんて、言うつもりは毛頭ないし、すべて書ききれないので語弊もあるかもしれない。

あなたが、お店の店頭で聞いたカニの話、ネットのショップで読んだカニの話。

それって、商売、商売のカニ話じゃないの?


話半分だよ♪



タラバガニには、90%以上がロシア産です。ロシアの輸入規制で入荷がとても不安定。


毛蟹の産地は、季節によって変わります。


私のイチオシ。
活の毛蟹、タラバを買うなら、ここがいいです。

北海道ひっぱりダコ

1円スタートのオークションなんですが、冷凍のカニを売っているようなカニ屋なんかよりは、はるかにレベル高いです。

しかも、かなり安く買えます。

6月のカニ
カニ味噌は、カニの獲れる
産地によって色が違います。


カニ
朝ゆでのカニと浜ゆででは、値段が違います。

朝ゆでの方がランクが上です。


ゆでたカニの賞味期限は、身の詰まり具合でも変化します。


入札してすぐに運ばれてきた活きたカニ。まだ甲羅とかに海の中でついた泥とか汚れが生々しい。

 


【カニの話でテレビに出ました】
左右が俳優さんとモデルさんです。
真ん中がオレっす。

■■タラバ・アブラの見分け方■■

初心者向け甲羅で見分ける方法 函館朝市のカニ屋さんなんかでよく、トゲの数が4個とか6個とか・・・

中級者向けカニをひっくり返して見分ける方法 カニ足だけ買う人にも対応している現実的な見分け方で・・・

上級者向け 私の個人的な推奨 写真でいくつかのタラバ、アブラガニを見ていれば自然と・・・ 


■■かにのいろいろ■■

脱皮のカニ 脱皮には、2種類あって、脱皮前の2枚皮のカニ、脱皮後のスカスカの・・・ 

カニのランク 4特、3特  身の詰まりのランクを「特」で表しているカニは、


今まで食べたカニの中で一番美味しいカニ  美味しいカニを食べようと思ったら・・・

浜茹でカニ 浜ゆでのカニとは  知っているようで知らない・・・



 


ズワイガニ
函館のカニ

個人的な趣味ではじめたサイトです!

リアリティ追求サイト!経験に基づいた私にとっての「真実」です。
皆様にその真実が合うかは、別です。

函館


当サイトのバナーです。もちろん、、リンクフリーです。
どうぞよろしくお願い致します。

 

Copyright (C) 2008 WEB函館. All Rights Reserved.