イカって時価なんで、「2尾 1,000円だよ〜」 って言われれば、「1,000円なんだ〜」って、私は、終わる。

私自身、イカの値段を毎日見ている分けじゃないので、実際、高いか、安いか、ピンとこないのが本音。

6月初旬の相場、活イカは、12尾前後で1,000円前後です。ただし、シーズンが始ったばかりで、かなり小ぶり(80g〜100g)です。
(2尾、3尾で一人前くらい)
だんだん、夏場にかけてイカも大きくなり、値段も上がっていきます。


(この写真は、函館朝市の海鮮丼食堂の店長にさばいてもらいました。)

【やっぱりオススメは、イカ刺しですよ!】

函館のイカを食べたら、今まで食べたイカは、何だったんだろうか?と思うくらい美味しいですよ。 カルチャーショックを受ける味だと思っています。

イカの街、函館ならではの逸品です。

イカの透明感、エッジのシャープさ、甘味、コリコリ感、本場ならではです♪


槍イカ(ヤリイカ)
1月から5月。南北海道の松前で水揚げされる。そこから、函館に運ばれます。

真イカ(スルメイカ)
6月から12月、函館の前浜、津軽海峡で獲れます。函館でイカと言えば、「真イカ」のこと。

真イカのシーズンが始ると函館の市場が活気づきます。特に鮮魚店の多い函館 中島廉売市場では、どのお店もイカであふれんばかりです。
★現場主義的なアドバイス

イカを買ったら、お店の人に「レシピありますか〜?」と聞いてみよう!

はじめてイカをさばくなら、あった方がいいですよ。

ただし、函館市民が使う市場には、置いていないケースが多い。


【セリの話】

6月から12月の真イカのシーズンは、函館朝市から徒歩12分のところにある「函館地方水産卸売り市場」で5時半より、函館で水揚げされたイカの「セリ」が行われます。許可もらって見学もできます。

1月から5月までのヤリイカのセリは、上の国や松前などから、イカが運ばれてきてセリが行われる為、時間が決まっていません。

【朝イカ・イケスイカ・活イカ】

真イカ(スルメイカ)とヤリイカの2種類があるはわかってもらえたと思います。

ただ、函館に来ると「朝イカ」「イケスイカ」「活イカ」なんて言葉も聞きます。まだ、イカに種類があるの???

いえ、いえ、種類じゃなく状態の話なんです。

イケスイカは、イカ漁をしてイカを生きたまま船のイケスで生かしたまま運んできた活イカのことです。朝イカは、イカ漁をして船のイケスに入りきらず、獲れたてなんだけど輸送中に死んでしまったイカのことです。

イケスイカは、コリコリ感が抜群、朝イカは、甘味がのって美味しいです。





私のイカ売るための秘蔵のトーク

夏場の限定の話です。

函館で夜景を見た時、同じく右手 津軽海峡に漁火(船の明かり)が見えます。その光がだいたい30個を超えていれば、翌日のイカの値段が安いです。20個以下なら、翌日のイカの値段が高いです。

夜景を見て、翌日のイカの値段が高いか、安いか知るって面白いと思いますよ。


ただし、高かろうが、安かろうが、「買うときは、買う」だと思うので実際に使えるか、どうかは、別物です。


【裏話 ウラハコ】

上記の話は、私にとって「漁火の数が多い、船がたくさんでているからイカ漁たくさん獲れる、それでイカが安い。」なんて話が真意ではないのです。

話の「真意」は、皆様がこの土産話をしたときに
「イカ」「函館」「WEB函館」「夜景」を思い出してもらう作戦なんです。

尚、あなたがどこかでイカを見たときに「WEB函館」や「函館」を思い出したなら、あなたは、すでに私の術中にハマっています(笑)。





写真は、11月の中島廉売市場の丹波鮮魚店(たんばせんぎょてん)の「真イカ」です。撮影時、「今日は、特に安いよ〜!」と言っていましたが、安すぎです。
中島廉売市場の鮮魚店は、通常、周りの値段を意識してやっているから、どこも安いです。




おすすめのイカのお店は、移動しました。







これは、ビニールに海水を入れて、イカを生きたまま届ける特殊な発送です。

函館でも3店でしかやっていない「活きたイカ」の発送です。
かなり高度な技術が必要です。(丸秘だそうです)

イカが、生きたまま届くなんて、すごく楽しいと思いますよ。

これをやっているのが、中島廉売市場の原青果店です。

果物屋さんですが、YAHOO!ストアに参加しているお店で果物から水産物まで扱っています。店頭でも、予約で発送してもらえます。
ただし、5月いっぱいまで


これは、面白いんじゃないかな!


函館で私の目に留まったイカ加工品を紹介しましょう。

木島水産の木樽仕込みの塩辛、安さと旨さで函館でシェア1位の山徳のイカ飯、郵パックふるさと小包で大賞をとったヤマノ中村のイカ粕漬け、竹田食品のいかさし松前、丸生のイカ沖漬、中一中村商店のいかげそキムチ。

たくさんのイカ加工品がありすぎて、ありすぎて....。塩辛だけでもすごい数。

以下の商品の美味しさや購入場所、こだわりなんかも書きたいけど、現在、手を抜いてます。

私が、扱ってない商品も掲載してる点がミソだと思います。

木樽仕込みのイカ塩辛
木樽仕込み
こだわりの
木島水産
白造りの塩辛
白造りの塩辛
空港にて購入



昔ながらの塩辛
【カネサク】
廉売の蝦夷屋で購入

弥生水産のイカ塩辛
食べやすい!
弥生水産の塩辛
観光客から教えて
もらいました!


イカ沖漬け
イカ沖漬け
朝イカの安いタイプ

函館のどこにでもある
山徳のイカ飯

イカ飯の新しいものは、
柔らかい!

昔ながらのしょっぱい、ゴロ入りの塩辛ならカネサク、イカ沖漬けなら朝イカの安いタイプと活イカの高いタイプがあります。
私がハマっている中島廉売市場の中村商店のいかげそキムチ、竹田食品のいかさし松前なんかも面白い商品です。


廉売の佐藤商店の
イカ粕漬け
イカゲソキムチ
200円の至福
れんばい
中一のつけもの
中村商店
イカリング
ヤマノ中村
ふるさと小包コンクール
大賞受賞の
イカリングタイプ
絶品イカミミ
ヤリイカのミミは、絶品!


ナカニシ漬け
本店で買うと安い!

イカ粕漬け
わさびタイプ

イカ刺し
朝市のお店

イカゲソキムチ
チャーハン
オレ作


スルメの鮮度は、
足の吸盤で見分ける!

この透明感!
函館産
真いか
胴肉のみ使用の塩辛
イカの同肉のみ使用
竹田食品


イカ刺し丼

足付きジャンボイカ飯

寿司ネタのイカ
函館のイカは白くない!
イカ刺し松前
竹田食品で唯一
美味しいと思うのが
このイカ刺し松前


丸生のイカ粕漬

イカ明太

イカ沖漬け
活イカタイプ
船上仕込み
イカパスタ
イカパスタ



ヤリイカです♪

真イカです♪

【WEB函館のコメント】

このページは、2003年版です。

あたらしい2011年版のイカページをご覧下さい。