函館観光
函館の坂
テレビCMの坂 絶景の坂 函館のイメージ

  ■ WEB函館トップへ 函館観光案内スペシャル200選へ ■ 趣味でやってる現実的なグルメ函館観光案内「WEBはこだて」提供「函館の坂」


函館の坂一覧
 
 

■函館の坂と観光名所■

函館元町地区の観光名所のほとんどが坂のどこかにある。どの坂にどの観光名所があるかわかれば、元町も散策しやすい。
中には、観光名所として行く価値の薄い坂もある。

実際に「WEBはこだて」が、坂と観光名所めぐりをして押さえて欲しいポイント、行かなくてもいい坂をアドバイス。

尚、坂の名称の言われは、電車道路と坂の交差するところにすべて書いてあるのであなたの函館旅行の時でも読んでください。


八幡坂
【八幡坂】
(はちまんさか)

【八幡坂にある観光名所】

青函連絡船摩周丸
坂自体が観光名所
函館西高

【観光おすすめ指数】

景観80点、観光度80点

コメント&アドバイス
テレビCMにも使われた函館の代表的な坂。

真っ直ぐ海まで伸びる坂は、函館湾の摩周丸まで見ることができる坂で、景観なら八幡坂がナンバーワンでしょう。

また、 八幡坂を登りきったところにある函館西高は、演歌歌手の北島三郎氏の母校です。

観光客が写真を撮る坂のベスト3に入る坂です。路上駐車も少ないほうです。
大三坂
【大三坂】
(だいさんさか)
【大三坂にある観光名所】

カトリック元町教会

坂自体が観光名所
□亀井勝一郎誕生の碑

【観光おすすめ指数】

景観70点、観光度80点
コメント&アドバイス

日本の道100選に選ばれた坂。

ななかまどの木と石畳、教会が形成するこじんまりとした坂です。

函館の雰囲気が伝わる坂なので徒歩で散策して欲しい坂です。

函館の教会群を観光するときに必ず通りことになりますので、特に意識して坂を探す必要はないでしょう。

 

函館元町基坂
【基坂】
(もといざか)
【基坂にある観光名所】

旧イギリス領事館
ペリー提督銅像
元町観光案内所
旧函館区公会堂
相馬
□明治天皇御来函記念碑

【観光おすすめ指数】

景観80点、観光度80点
コメント&アドバイス
函館山の坂道の中央に位置し、坂の名称どおり基点になる坂。

この坂は、上から見るより下から見上げたほうがきれいで、下から函館山をバックに元町公園や、旧函館区公会堂が非常に冴えます。

もちろん、坂の上部にある元町公園あたりからの景観もいいです。
二十間坂
【二十間坂】
(にじゅうっけんざか)
【二十間坂にある観光名所】

□函館東本願寺


【観光おすすめ指数】

景観70点、観光度20点
コメント&アドバイス

幅の広い黒っぽい石畳の坂で函館市内が見渡せる坂。

JR函館駅前から伸びてきている道が、函館山の麓から「二十間坂」と名称を変える。

函館市内を眺めるのにもっと景観のいいところもあるが、石畳とマッチした坂はここだけです。

メジャーな坂は、どこも必ず必要性から通ることになりますが、二十間坂もロープウェイや教会群に行く際に通ることになる坂です。

 

チャチャ登り
【チャチャ登り】
(ちゃちゃのぼり)
【チャチャ登りの観光名所】

聖ヨハネ教会
ハリスト正教会

【観光おすすめ指数】

景観60点、観光度80点
コメント&アドバイス
函館の観光名所の教会群にある坂。

大三坂がカトリック元町教会の交差点から「チャチャ登り」と名称を変えます。

聖ヨハネ教会とハリスト正教会を挟む石畳この坂は、両教会の移動の際に横切る程度十分な気がします。

チャチャとは、アイヌ語で急な坂という意味です。
幸坂
【幸坂】
(さいわいさか)
【幸坂にある観光名所】

旧ロシア領事館


【観光おすすめ指数】

景観70点、観光度50点
コメント&アドバイス

ストレートに伸び、いっきに急になる坂。

観光名所は、旧ロシア領事館しかなく、元町の中心部から結構距離があります。

徒歩散策の方には、果たしておすすめしていい坂か迷うところですが、坂の中では景観のいいほうです。

ゆったりした町並みと函館湾を見ながら坂を登るのも悪くないと思います。ただし、旧ロシア領事館の前の坂は、きついですよ。

 

弥生坂
【弥生坂】
(やよいざか)
【弥生坂にある観光名所】

己巳役海軍戦死者跡
□咬菜園跡

【観光おすすめ指数】

景観50点、観光度50点
コメント&アドバイス

弥生坂の味は、坂の上にあり。

弥生坂にある観光名所自体が、非常にマニアックなので無理して行く必要はない坂。
坂から海も見えるが、まあまあの景観。

坂の上は、函館の坂でも一、二番に急で狭い。

日和坂
【日和坂】
(ひよりさか)

【日和坂にある観光名所】

GLAY記念館
北海道第一歩の地碑


【観光おすすめ指数】

景観70点、観光度30点

コメント&アドバイス

海の見える坂のひとつで北海道第一歩の地碑に直結。

道幅が狭いためか、今ひとつマイナーですが、中ほどから海を眺めるとなかなか味のある坂です。

坂の上から天気を見るのに適した坂だったところから、日和坂といわれたらしい。
八幡坂、基坂のビッグスロープに挟まれているのでちょっと覗いてみるのがいいでしょう。

 

東坂
【東坂】
(あずまざか)
【東坂にある観光名所】

中華会館
旧アメリカ領事館
□弥生小学校(石川啄木)

【観光おすすめ指数】

景観10点、観光度30点
コメント&アドバイス
景観、建造物、観光名所等とどれをとっても今ひとつの坂。

今は、孤軍奮闘、中華会館ががんばっている程度。

ただ、昔は、称名寺などがあり寺町として、参拝客で賑わったとされている。

隣接する旧アメリカ領事館跡地の弥生小学校は、石川啄木が代用教員として働いた小学校。

護国神社坂
【護国神社坂】
(ごこくじんじゃざか)

【護国神社坂にある観光名所】

高田屋嘉兵衛銅像
護国神社
□官修墳墓


【観光おすすめ指数】

景観60点、観光度45点
コメント&アドバイス

豪勢な坂。

松の木の配したグリーンベルトが車道と歩道の間にある。

坂の下には、高田屋嘉兵衛の銅像が函館を見渡すように立っている。坂を登りきったところには、この坂の名称である護国神社が建っている。

両観光名所ともさほど人気がないのか観光客は、あまり歩いていない坂。

 

常盤坂
【常盤坂】
(ときわざか)
【常盤坂にある観光名所】

□箱館丸
□西埠頭

【観光おすすめ指数】

景観70点、観光度20点
コメント&アドバイス
ストレートの坂が埠頭まで続く坂。

観光名所としての価値はほとんどない。しかし、海まで続く坂の景観はいい。

八幡坂とタイプが似ているが、狭いことと坂から見える函館湾の点景がいまひとつなのがメジャーになれない理由だと思う。

箱館丸は、うち捨てられた観光名所です。

南部坂
【南部坂】
(なんぶざか)
【南部坂にある観光名所】

函館山ロープウェイ
□南部藩陣屋跡
□元町配水所


【観光おすすめ指数】

景観40点、観光度40点
コメント&アドバイス

あまり使われない坂。

函館山ロープウェイの横に出る坂だが、狭いせいか使われることが少ない。
函館山ロープウェイに行くほとんどの人は、二十間坂を使う。
景観も今ひとつです。
ただし、函館市内を一望できる元町配水所は、はずさないほうがいいです。

 

魚見坂
【魚見坂】
(うおみさか)
【魚見坂にある観光名所】

高龍寺・傷惨心目の碑
称名寺
外人墓地
□弁天岬台場跡
函館どつく

【観光おすすめ指数】
景観60点、観光度70点
コメント&アドバイス

ご紹介している坂の中で一番ゆったりした坂で函館山の最北部で端にあるため無理して行くかどうか迷う坂だと思います。

上部はお墓が多いですが、開けているために怖い感じはぜんぜんしません。下部からは函館どっくと函館湾が見え、観光客はいざ知らず、函館市民には受ける坂だと思います。

観光名所も多く、穴間海岸に通じる坂、観光バスも走っている坂。
時間が止まっている感じがする坂です。

舟見坂
【舟見坂】
(ふなみさか)
【舟見坂にある観光名所】

なし


【観光おすすめ指数】

景観20点、観光度5点
コメント&アドバイス
函館湾を行き来する船がよく見えたので「舟見坂」という名称がついたようだが、今はあまりよく見えないのが現実。

坂が途中で学校に遮られたため、唯一近かった称名寺も遠くなり、観光名所、景観ともあまり重要じゃない坂。

坂自体はパスしていい坂だと思いますが、古い建造物が多いので通りすがりに見るのがいいと思います。
 

 

【青柳坂、あさり坂、谷地坂、姿見坂、千歳坂】
青柳坂
【青柳坂】
(あおやぎざか)
アサリ坂
【あさり坂】
(あさりさか)
谷地坂
【谷地坂】
(やちざか)
姿見坂
【姿見坂】
(すがたみざか)
千歳坂
【千歳坂】
(ちとせざか)
コメント&アドバイス

【青柳坂、あさり坂、谷地坂、姿見坂、千歳坂】

上記の坂は、さして見るべきものもない坂、路上駐車が多くて景観が極端に悪い坂、観光とは無縁の坂なのでひとつにまとめさしてもらった。

青柳坂-コメントに困るくらい何もない坂。
あさり坂-古代人が、食べたアサリ貝の貝塚が発見されたのが坂の名称の由来。すき焼きのお店「阿砂利」があるからではない。
谷地坂-コメントに困るくらい何もない坂。観光の価値なし。
姿見坂-昔、坂の上に遊郭があり、遊女の艶姿を見ることに由来したそうだが、今は何もない。ペリー会見所の跡地はこの坂。
千歳坂-観光の価値なし。

 

函館の坂  現実的コメント


あの狭い大三坂によく路上駐車するなってあきれています。
現実的には、観光客、地元住民が協力して路上駐車を極力避けなければ、景観なんてあったもんじゃないです。

正直、私にとってはどっちでもいいことですが、函館経済のために函館リピーターを作るのなら函館市民は路上駐車を止めるべきだし、観光客は、自分で景観を壊すようなことはしないほうがいいと思います。

たぶん、あなたが八幡坂、大三坂、基坂などの雰囲気のある坂で記念写真を取ろうと思っても、路上駐車の車で景観は半減されていることでしょう。
ちなみに私が撮影するときは、朝の4時半起きです。

せめて大三坂、八幡坂の路上駐車だけは、やめたほうがいいと思います。

あとは好きにしてくれのWEBはこだて

 

■ POWERED BY WEB HAKODATE ■