函館夜景写真でカニ、メロンをGET

●● 函館夜景 ●●

以前、フロントをしていた時の話です。

「 チェックアウトの時に、きれいな函館夜景を見た観光客と見ることができなかった観光客の顔の表情がぜんぜん違いました。」

函館のフィナーレを飾る函館夜景。

長年、現場を見てきた元フロントがアドバイスする函館夜景の1,2,3!?


HOWTO函館山夜景

 

函館夜景のチッケト購入

旅行前に旅行代理店では、「函館夜景の交通チケットを購入していたほうがいいですよ」なんて言いますが、現実は違います。

【解説】

函館夜景を見るための交通手段は、観光バス、ロ−プウェイ、タクシーなどたくさんあります。これだけは、混んでいても当日予約でもだいじょうぶです。へたな予約チケット購入は逆に不便で融通がききません。当日に混雑具合、天候をみてから、交通手段を決めることをおすすめします。

旅行前にチケットを買ってしまうと、ホテルのまん前から、格安の立派な観光バスがでているのに、歩いて10分もかけて別な観光バスに乗らなきゃいけないことさえあります。時間がなければタクシーにも変更できます。

函館観光中に直接、函館山夜景を見に行くことだって考えられますし、万が一当日、夜景が見れない場合、旅行後にチケットを払い戻しに行くのも面倒でしょう。

函館夜景の交通チケットは、絶対に当日購入で大丈夫です。

これは、観光関係の仕事をしているときに現場でひしひしと感じたことです。

一番安い函館夜景の交通手段

JR函館駅前のロータリーから出ている函館バスの夜景バス360円です。

 

グルメ函館観光案内に戻る

 

函館山夜景ライン

 

函館イルミネーション

函館元町のイルミネーション

函館元町を代表する建物や摩周丸などがライトアップされて
います。
また、函館はイルミネーションのイベントが多数あります。
(リンク先は、八幡坂から摩周丸のワンショットだけです。)

 

 

函館夜景を見てすぐ帰るの?

函館山で夜景を見てすぐお宿に帰ってゆっくりするのもいいですが、函館山の麓の元町のライトアップを見てから帰るのもおすすめです。


昼間とは違った函館元町を楽しむことができます。ロープウェイ乗り場から歩いて行ける距離です。

夜景バス等を利用の際、途中下車するなら前もってバスガイドさんに伝えておくことが必要です。
(ロープウェイ乗り場でならOKしてくれることが多いです。ただし、帰りは、自費で帰ることになります。また、この時間は市電が走ってない可能性が高いです。)


函館の夜景ライン

 

 

函館山ライブカメラ

函館山ライブカメラ

札幌テレビの函館山山頂に取り付けてあるライブカメラ。



函館山の交通規制


函館山は、自家用車、レンタカーに限り時間帯登山規制があります。
(営業車、バスは除く)

規制時間は、5時から10時まです。(登山道入り口に表示されていますので要確認)

冬場は、全面通行止めになります。

レンタカーで10時過ぎに登るものひとつの手ですが、展望台施設は営業を終了しています。


夜景函館のライン

 

 

函館山夜景交通手段クレーム事例

私がお宿に勤めていたときのトラブルの話です。
旅行前に旅行代理店で夜景観光バスのチケットを購入していたお客様がいました。

出発30分前にバスのチケットを確認。

しかし、そのチケットは、私の勤めていたお宿の前から出るバスのチケットではありませんでした。
お宿から歩いて15分もかかる場所から出発する別なバス会社のバスのチケットで、悪いことにすでに出発済みでした。

「OUT !!」(夜景みれないぞ〜。)

もちろん、私のお宿の前から出るバス会社のバスガイドさんに頼んで乗せてもらうように手配しましたが、些細なことが旅行をつまらなくするケースもありますので注意です。

(以後、私の勤めていたお宿では、チェックインの際に夜景見学のチェックが行われるようになりました。)

もし、あなたがすでにチッケトを購入していたなら、チェックインの時にフロントにチケットのバス乗り場、時間を確認しておきましょう。

100ドルの夜景ライン

 

グルメ函館観光案内へ


 

 

 

函館山ロープウェイサイト

函館山ロープウェイの割引券入手方法

函館山ロープウェイのオフィシャルサイトに10%引き
のクーポンがあります。また、ホテル、旅館等にも備え
付けてあります。

 

北海道北都交通

函館山夜景バスの北都交通

函館の湯の川温泉街のホテル、旅館を回り函館山
山頂へ行く夜景バス。

 

●チッケトは当日購入で大丈夫!
●お宿によって一番いい交通手段が違う!
●フリーならロープウェイの割引券を使おう!
●バスは、右側の席がいい。帰りは、左側!
●夜10時以降はレンタカーでも登れます!
●雨が降っていても見えるときは見えます!
●雨上がりが一番きれいと言われています!

●お食事前に行くか、お食事の後にするか?
●乗り換えするか、しないか?(ロープウェイ)
●人数が多いか、少ないか?
●料金は最低金額、それとも気にしない?
●夜景見学のあとの行動は?
●夜景バッチは、次の日にはずしたほうが...

上記を考えれば、あなたに合った一番いい函館夜景の
交通手段が見えてきます。

函館夜景線


【混雑と渋滞の話】


連休やお盆、ゴールデンウィークは、非常に混みます。駐車場待ちでの渋滞で1キロ以上の列ができます。時間にして1時間以上でしょう。
ロープウェイ乗り場も長い行列ができます。

【ロープウェイ待ちの解決方法】

ロープウェイ乗り場からタクシーを使うのがベスト。相乗りの仲間を探し4人以上集めるとロープウェイの料金とさほどかわらない。
道が混んでいなければ、約10分で頂上。約50分の節約です。

【レンタカーでの駐車場の解決方法】

ロープウェイ乗り場付近は、警備員がいてほとんど路上駐車も難しい状態。
路上駐車できる場所を探してもなかなか見つからないのが現実です。

近場での無料駐車場は、函館山登山道入り口の右手の駐車場のみ。
(ガラガラで約10台止めれます。)

ロープウェイ乗り場まで徒歩8分の距離。ただし、登山道入り口の2箇所に警備員がいる。
最初の警備員と2箇所目の警備員の間に無料駐車場があります。
(一方通行)

それで、最初の警備員に車を止められた時に「函館山登山道入り口の駐車場を教えてください」と言えば......., 通してくれるかは疑問?。

私の場合は「徒歩で登るので登山道入り口の駐車場使います」とか「この上に住んでいます」とかウソ言って通ります。

坂をあがって10秒、右手の真っ暗な駐車場です。
(電光掲示板が見えたら行き過ぎです。)

ただし、2箇所目の警備員を超えたら、函館山登山規制にひっかかるので注意です。

 

函館山夜景の交通手段メリット、デメリット

【函館山ロープウェイ】

レンタカー、自家用車、電車を使ってロープウェイ乗り場まで行き、函館山ロープウェイで山頂に行く方法。

ロープウェイの良い所は、 函館の夜景を見ながら函館山に登って行く(約10分)。

しかし、現実は混んでいてなかなかいいポジションが取れない。また、無理して良いポジッションを取る必要もない気がする。

往復1,160円。無料駐車場有。割引券使用可能。
10分間隔で運行、定員125名

季節によって運行時間が変わるのでオフィシャルサイトで要確認。

【タクシー】

湯の川温泉から函館山夜景に行く場合は、夜景見学コースなどの固定料金プランがあるのでそれを利用するのがベスト。

そして、交渉して夜景見学後の元町のライトアップをサービスしてもらうのがベスト。
その時、気持ちよくOKしてくれる運転手を選ぶのがいい。

湯の川温泉から1時間半で7,980円が相場。函館山の麓なら5,900円を切る。
函館山ロープウェイが混雑しているときの利用もおすすめ。

【バス】

通常「夜景バスコース」と呼ばれている。バスで函館山の山頂まで直接行く。

乗り換えがないので楽。料金も湯の川温泉からなら一番安い。
約1,200円前後。

山頂の駐車場から函館山展望台までの約100mを歩くことになり、風、雪、雨がきつければつらい面もある。

【バス&函館山ロープウェイ】

バスとロープウェイがセットになったプラン。 どうしても函館山ロープウェイに乗りたい人向け。乗り換えは不便だが函館山の夜景を見ながら登って行くメリットがある。
値段は1,600円前後。割引券は使えない。



元町イルミネーション

函館グルメ観光案内へ