函館 市場
函館の市場系サイト
地元の人が買うお店
旬な魚介類、旬な食材
函館朝市・中島廉売市場の
個人的なオススメのお店

函館食べ歩き

●●●
北海道の大自然おいしい函館 Vol. 8●●●
WEB函館の市場系バージョン

WEB函館

自信度90%以上
WEB函館の紹介は、こんな感じです!





プロとして言わせてもらえば、水産物の紹介って皆様が思っているほど簡単じゃない。
どうしても、お店の保証と確約がなければ怖いんです。

【確信の持てるお店だけ?基準は何?.】

せっかく紹介したのに「いいカモが来た」程度にしかと思わない店は、当然排除。信頼でき期待以上のことをしてくれるお店が基本です。

尚、私のおすすめのお店は、2タイプに分かれます。


●私が消費者として何度も利用して一度もはずさなかったお店。

●お店に頼んでしっかりした商品を送ることを確約してくれたお店。


保証、確約がなければ、 水産物なんて普通、怖くて紹介なんてできない。安易に水産物のお店を紹介している人を見ると「チャレンジャーだな〜」と思っています。

尚、中には、私の本業で取引のあるお店もあるし、ライバル店もあるけど、本物はやっぱり本物でおすすめです。

よほど確信がなければ、紹介なんてしない。よその店のクレームなんてうんざりです。
そんなヤバイ橋なんて渡りません。

信用が一番大切だと思っています。


【注意】
昔は、かなり力を入れていたのですが、現在のグルメコーナーの紹介は、王冠マークのあるもの以外、参考程度にとどめてください。そんなレベルです。



【ある市場の実録 私の原動力】

早朝でした。若い女子大生っぽい二人連れが、市場のメインストリートを歩いてきた。
昨日の夜景がきれいだったのか、笑顔でした。
「買わなくていいから、食べて行きな〜」と声をかけられ、....

<中略>

...大きな声で罵声をさんざん浴びせられ、最後には、座り込み、泣きながらカニを買わされていた。
いつもなら騒がしい市場が、シーンとなり、みんなの視線がそこに集まっていた。


7年くらい前かな。私の目に焼きついて忘れられない光景のひとつ。
今は、こんな店は、見かけないけどね。

だれも、助けてあげない現状、臭いものには、フタをする現状、見て見ぬフリをする現状、馴れ合いの現状。
市場名は、明かせないが「この市場は、こんなことが許されるのか」と当時、若かったZUKAは、憤りました。

この辺が私のWEB制作当初の原動力でした。

 

【自信度90%以上 WEB函館の紹介は、こんな感じです!】

私は、以前、いち消費者だったのですが、現在、中島れんばい市場でカニ屋にカムバックしたのでカニ業者です。

別に業者に戻ったからといって性格は、昔のまんまだし、書いてある記述も決して自分に有利に書いていない。
自分の見た、経験に基づいた「私の真実」のみを書いています。

もちろん、私の真実が、皆様にとっても真実かは、疑問ですが、参考にして頂ければ幸いです。

中には、私が消費者時代によく使っていたお店もあるし、現在、仲良しの業者もあるし、ライバル店もある。

営利関係であったり、単に私と仲が良いだけと言う理由のみでの「アホ」な紹介はしていない。

私の尊敬する師匠がお客様に半分ジョークで、半分マジで言う格言がある。私は、とても気に入っている。

格言「真実は、伝わりにくい。」


もちろん、べったり仲の良いお店もあるが、私の本業で一番取引額が多くて仲の良い同業者は、記載していない。

そのくらいシビアです。

そして、カニだって、ホッケだって、ウニだって、ホタテだって私は、扱っているけど自分のお店を「おすすめのお店」として紹介するつもりはない。そんなレベルの紹介じゃないよ。

マジ、プロとして確信の持てるお店だけの紹介です。あくまで観光客の方が満足できる店、私自身が消費者なら買うお店です。

気軽な口コミ、掲示板の書き込みの紹介と私のおすすめ店の紹介では、背負う荷物(リスク)の重さが違うでしょう。


【こんな感じでどうぞ】

お店は、お客様が来てくれるだけでうれしいもんです。

だから、偶然を装って知らないふりして行くのもよいでしょう。「ホームページWEB函館を見た」でも結構ですし、「以前、買った知り合いの紹介です」と言っても十分です。

お店も深く詮索しないし、基本的にそんなこと言わなくて大丈夫なお店です。

ただし、「紹介」と言うプラスアルファがあってこそ、 ワンランクアップがあるのです。

問題は、確約を頼んだお店は、「WEB函館を見た」で十分通用するんですが、単に私が消費者時代によく利用していたお店は、「WEB函館を見た」が通用しないケースもあるかもしれない。(このサイト、5年近くやって150万アクセスあるのでほぼ大丈夫みたいですけどね。)




【ここがポイント!!】

水産物は、仕入れ、水揚げ、漁模様、季節的なものなどで品質にかなりムラがあることがあります。

いちげんである観光客の方や同業者の密集した市場では、「カニ、ウニが欲しいんですけど」と言われたときに良い品質のカニ、ウニがなければ「今日は、ものが良くない」と言えるお店は、少ない。

なぜなら、他のお店で買われるくらいなら「売っちゃえ」の傾向があるからです。
たいていこんな時の仕入れや品質は、どの店も同じレベルになるなので、なお更である。

そこんとこ、はっきり「明日の入荷の品でいいかい」と言えるお店が私のおすすめのお店です。

【WEB函館のコメント】

こんにちは、ZUKAです。

無理して行く必要は、まったくないです。自分のお店ならともかく、あくまで他人のお店なんで。(笑)
本音言えば、他人の店のリスクまで背負いたくないからです。

どちらかと言えば、一度、市場で買って失敗した人向けのお店です。まず、2度と失敗しないでしょう。