函館娘
函館観光案内
函館ファンの為のプロフェショナルバージョン
函館観光案内
函館
函館へ
函館について
現場主義・リアリテイ追求・観光客の立場にたったサイト【WEB函館】 ハズしたらゴメン!!
趣味ではじめたサイト「WEB函館」が贈る函館グルメ・函館の観光,函館朝市など函館市場系情報サイト


WEB函館の函館観光案内 
ころぽっくる


居酒屋でそれなりにお金を使うなら、このお店の方が『驚きと感動』があります。


【管理人ZUKAの函館イチオシのお店】 五稜郭交差点 徒歩1分「ころぽっくる」

私のカニ屋に来る観光客(リピーター)や仕事で函館に頻繁に来る人に「本当は、函館には、美味しいお店ないよね〜」 なんて言われることがあります。

いつも同じメニューの市場の海鮮丼食堂に飽きているせいもあります。

そんな時に教える私の函館でのイチオシのお店です。


普段、私は、 最初からこのお店を教えないです。函館でいろいろ食べた後で行くとその価値がわかってもらえるので「隠し玉」「最後の切り札」として紹介しているお店です。

尚、アイヌの神様を「ころぽっくる」って言います。



新年会で食べた時のお刺身!オプションで頼んだお刺身。

函館の五稜郭にある「ころぽっくる」食べに行きました!
(ゴチになりました!ゴチじゃないと行けネ〜)


最初は、高級料亭みたいな雰囲気でちょっと緊張しました。

でも、楽しくて美味しかった !!!

今まで食べたことないものばかりでした。


函館でプロ野球の試合が合った時、

テレビを見ていたら、インタビューで日本ハムファイターズの稲葉選手が、「昨日、晩御飯はどこで食べましたか」と聞かれて、このお店の名前「コロポックル」って言っていました。

あ〜、私の行ったお店だ!!

函館で知る人ぞ知る隠れ家的なお店です。

カニも食べました↓↓

ウニ鍋??料理の説明があったのですが、忘れました♪


私が食べた時のお刺身です。





年のせいかカニ食べ放題より、しっかりしたものを食べたい今日この頃です。


私自身、カニを売っているので飲食店でカニなんて頼まないのですが、ここだけは、レベルが高いので別。

最初に生きている毛蟹が運ばれてきて「このカニを料理します!」ってパフォーマンスもあります。


毛蟹は、1キロサイズ(毛蟹の1キロはかなり大きいビックサイズ)で8,000円です。コース料理だけでお腹いっぱいになるので3,4人で一尾頼んだりしています。



その1尾でカニ天ぷら、カニ刺身、カニ甲羅焼き、カニ鉄砲汁、カニ甲羅酒の5つを調理してくれます。

通常、市場での1キロの毛蟹の販売価格を考えても、安いです。わかる人には、わかる逸品です。


○○カレイ、旨い!はじめて食べました!
名前は、教えられない。
こんな脂ののりのカレイは、はじめて!

今まで食べた鯨ベーコンの中で1番旨かった!
そこらでは売っていない極上品の鯨ベーコン
いつもオプションで頼む一品。


毛蟹にしろ、鯨ベーコンにしろ、カレイにしろ、その辺のお店では、出てこないものばかりで水産業界で働く私たちでも、驚きと感動があります。

だから、水産業の仲間で会食するときに皆、好んで行くお店です。
もちろん、肉類もあります。

基本、多少、好みを言ってマスターにお任せで料理を頼んでいます。



個室なので気楽にゆっくり楽しめます。(2人以上は、個室がおすすめ!)

写メして自分のブログにアップしているスタッフ。ラキピや焼肉、ラーメンのような現代風の食べ物が好きな20代そこそこ、料理の価値がわかったかは、......。

たぶん、ローソンのLチキを食べる感覚と同じなのかもしれません。

予算ひとり4,000円のお任せで、かなりお腹いっぱいになります。

カウンターもあります。(ひとりの場合は、カウンターがおすすめ!)

米国○○省に勤める魚通のマイケルさん。箸も使えます!!
「東京で食べたら、2,3倍の値段のする料理ですネ。」

日本の味、函館の味、わかってくれたかな??
マスターに魚や料理ついての話を聞きながら、食べるのもの楽しいです。

鮭チャンチャン焼パイ包みを食べるところです。

最後は、イクラ丼で締めくくりました。いくら丼もすごいんです。まったく皮が感じられない逸品。


函館の五稜郭交差点にある「コロポックル」!

食事の後にマスター(オーナー)さんにお願いして一緒に記念撮影♪パシャ!

大満足♪

予約の際、クローバーさんの紹介ですと言えば、笑顔とマスターの『挨拶』くらいは、あるかもしれません。

サービスがあるかないかは、不明です。

でも、「紹介」って、「いちげんさん」とは、違うから、気を使ってもらえます。




【ONE OF THEMよりONLY ONEで!】

あくまで旅行を楽しくする為のパフォーマンス(演出)の問題です。

料亭に行って、そこのオーナーが挨拶に来る。それって、ステータスであり、いきなりなじみ客扱いで楽しいですよ!

クローバー
なら通じるけど「WEB函館」と言っても、通じません。

『クローバー』、自由に使ってください。
(予約の際に名前を出すのベター、その方が確実です。もしくは、料理が出る前がいいです。)


マスターの料理の話や函館の話も聞けるので楽しいですよ!

プロ中のプロだし、人柄もいいし、話も面白いし、空気も読む人なのでおすすめ。

マスターとは、取引や金銭の授受がない。純粋に「私のイチオシ、オススメのお店」の紹介です。

むしろ、カニ仕入れの際のライバルです!!

「そのカニ、私がもらう!」、「いや、オレのです!」と言った感じです。

予約した方が無難です。0138-55-5696

刺身も季節感があります!

函館観光案内のトップ


函館観光



 

WEB函館
函館

個人的な趣味ではじめたサイトです!

リアリティ追求サイト!経験に基づいた私にとっての「真実」です。
皆様にその真実が合うかは、別です。

函館


函館
当サイトのバナーです。もちろん、、リンクフリーです。
どうぞよろしくお願い致します。

 

Copyright (C) 2008 WEB函館. All Rights Reserved.